医療法人田中会 武蔵ヶ丘病院 看護部採用サイト

FIELD

あなたのやりがいがきっと見つかる!
充実の看護。

エントリーはこちら

FIELD

あなたのやりがいがきっと見つかる!
充実の看護。





外来外来

外来部門は総合診療科を中心に9つの診療科で運営しています。
専門外来として「物忘れ外来」、「禁煙外来」を実施しております。
救急隊とのホットラインを確立しているので救急搬送件数も年々増加している傾向にあります。
子育て中の若いお母さん看護師が多く勤務しているため、お互いに協力して家庭と職場の円満な両立に努めています。

一般病棟

当院の一般病棟は10:1の看護基準にて運用し、急性期の患者様を受け入れています。
当病棟では朝の申し送りに多職種(看護師、リハビリスタッフ、薬剤師)が参加します。
治療計画・看護計画について情報共有を徹底し、連携強化を図り早期退院に向けて自立支援を行っています。

外来

当病棟は、入院期間60日間という期限の基で在宅復帰を求められます。
在宅復帰をスムーズに行うための「在宅復帰支援計画」に基いて医師・看護師・薬剤師・栄養管理士・リハビリスタッフ・
医療ソーシャルワーカーの多職種が協力して治療や支援を行っています。
まず入院、転棟から3日目までに初期カンファレンスを行います。
併せて家屋調査を必要に応じて実施することで退院後の生活での問題点などを明確にし、在宅復帰後のケアも視野に入れた援助をしています。

回復期リハビリテーション病棟

当病棟は、『1日の生活がリハビリテーションである』と考え、早期の自宅復帰を目指しています。その取組として、脳血管疾患、
整形外科疾患の患者様に対し、多職種と連携して寝たきりを防止し、
さらなるADLの向上に努め、在宅へつながるための治療・リハビリを心掛けています。
また、その都度カンファレンスにて評価・実施を繰り返し行い、回復期リハビリテーション病棟としてのPDCAサイクルを行っています。

訪問看護

利用者様が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるように、主治医の指示に基いて療養上のお世話や診療の補助を行います。
利用者様の精神面のケアはもちろんのこと、ご家族の方の精神的負担や不安の解消にも気を配っています。
利用者様一人ひとりとじっくり向き合えることが特徴です。生活環境やご家族との関係など利用者様によって状況は様々ですが、
訪問看護を通じて信頼関係を築いていく過程や、病院とはまた違った看護ができるという点で、とてもやりがいを感じることができます。

教育体制3つのポイント

看護師が、さらなるステップアップできるように資格取得支援制度の活用を推進しています。
業務から離れる履修期間中も給与が支給されます。あなたもスキルアップを目指してみませんか?

資格一覧

◎医療安全管理者  
◎BLS・ACLSインストラクター  
◎呼吸療法認定士
◎消化器内視鏡技師  
◎回復リハ認定看護師  
◎救急看護認定看護 など


ページ上部へ