武蔵ニュース

ストレスやビタミン欠乏症と物忘れ、また治る認知症について

2年以上継続するコロナ禍での運動不足、生活リズムの乱れやストレスが心身へ影響を及ぼしています。長期間の感染対策として3密の禁止、社会交流の厳しい抑制等が実施され、その結果として社会活動の減少、生活習慣の大きな変化等が影響している可能性があります。一方治る認知症としては軽度認知障害(MCI)をはじめ甲状腺機能低下症、ビタミン欠乏症などの代謝異常や正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫などがあります。最近はビタミン欠乏症や亜鉛欠乏症などが増えていますので、出来るだけ早期の発見と治療が必要です。
当科では(株)MCBI社、熊本大学との共同研究を行っています。脳内の異常蛋白質アミロイドβ(ベータ)蓄積の可能性を調べるMCIスクリーニング血液検査やアルツハイマー型認知症との関連性があるAPOE遺伝子検査なども活用して、MCIや認知症の予防に努めています。

{物忘れ外来のページへ}

もの忘れがご心配な方は、先ずはお電話でご相談ください。

武蔵ニュース一覧へ戻る


看護師採用サイト 医療法人田中会 武蔵ヶ丘病院
シンカジム
MCRC
リハ部求人専用サイト
ささえりあ
令和クリニック
当院敷地内全面禁煙です
医療法人田中会

ページ上部へ

ページ上部へ